【コラム】ネットによる確定申告

平成最後の確定申告の時期が迫ってきました。昨年(平成30年)中に物件を取得し、今年初めての確定申告を迎える不動産投資家や、今年こそはネットで申告を済ませたいと考えている投資家もいることでしょう。そこで今回はe-Taxによる確定申告をするために、今から準備しておかなければいけない事項を紹介します。

e-Taxとは、インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステムで、自宅のパソコンで申告書等を作成しインターネットで送信できます。

税務署まで申告書を提出しに行ったり、郵送したりする手間が省けます。確定申告期に税務署に行けばわかるが、大勢の納税者でごった返していますし、書類を提出するだけでもそれなりの時間がかかるし、そもそも税務署に行く手間もかかります。是非ともe-Taxの利用をおススメします。

ちなみに今回の申告からスマホでも申告できる旨広報されておりますが、これはシステム上サラリーマンの還付申告等に限られます。不動産投資家(サラリーマン投資家も含む)はあくまでもパソコンからの申告となるのでご注意を。

e-Taxでの申告のメリットは、この他に付書類の提出の必も源泉徴収票等の添要がない(もちろん保管しておく必要はある)、還付金が早く受け取れるなどがあります。

e-Taxの利用のためには、主に2つの方式がある(正確に言うと、「確定申告書作成コーナー等で作成した申告書を、e-Taxで送信する方式は主に2つある」)。

1つ目は「マイナンバーカード方式」。まず準備しなければいけないのは、「マイナンバーカード」。そしてこれは「電子証明書」を記録したものではならない。マイナンバーカードをまだ保有していなければ、住所地等の市区町村で発行の手続きをする必要があります。

それから、パソコンでマイナンバーカード等を読み込むための「ICカードリーダライタ」。これは家電量販店やネット等で購入する必要です。

2つ目は「ID・パスワード方式」。これを利用するために先ほどの「マイナンバーカード」や「ICカードリーダライタ」は必要ない。ただし、e-Taxでの申告のため「「ID・パスワード」を事前に税務署で発行してもらう必要があるのです。その際「税務署での本人確認」ということで、運転免許証等を持参する必要があります。

つまり「マイナンバーカード方式」のような金銭的な負担は生じないが、税務署に行く手間はかかることになる。ただし、「税務署」は、自身が申告する税務署に限らないので、例えば勤務先の最寄り税務署に、昼休み時間中に訪れるといったことも可能だ。

これら2つの方式のいずれかで準備を済ませておけば、あとは国税庁ホームページの「確定申告書作成コーナー」で申告書を作成し、それぞれの方式の手順に沿って申告書を送信すれば良いだけ。

先述のとおり、確定申告期間になると税務署はかなり混雑する。「ID・パスワード方式」では一度税務署に行く必要もある。具体的な申告書の作成にかかる前に、e-Taxでの申告に向けた事前準備を早めに済ませておいた方が良いでしょう。



ページトップへ