NEW!【コラム】借地権付き物件

一般的に不動産投資家は何に注目し、費用対効果の高い物件を購入されるのでしょうか。

今注目されているのは、【借地権付き物件】があります。
借地権付きの物件は、不動産投資家にとって相場よりも安い値段で購入できますし、
高利回りも期待できるとされています。


一般的に言われている「賃借権」は、「借地権」とほぼ同様な意味合いで使われます。
「借地権」の中には、「定期借地権」というものがあり、これは借地期間が定まった借地権のことです。
借地期間が満了となった際には、借地を地主に返還しなければなりません。
上記が理由となり、一般的な借地権よりも、借地料が低く設定されることが多いと言えます。

借地権付き物件を検討される場合には、「物の所有者と土地の所有者が違う」ということを周知する必要があります。
土地を借りることは、建物の所有者が土地の所有者(地主)に地代を払わないといけなくなります。
そのような物件の購入を考える際のメリットやデメリットにはどんなことがあげられるのでしょうか。


借地権付物件のメリットとして挙げられるのは、まず初期費用が安く抑えられるということです。
通常の物件購入では、物件そのものはもちろん、その物件が建っている土地も一緒に購入することになります。
一方の借地権付物件は、土地は購入せずその上に建っている物件そのものだけを買うことになるので、土地の分の費用はかかりません。
また、物件が建っている土地は所有していないので、土地にかかる税金は支払わなくて済みます。


しかし、土地を借りている状態であることからも分かるように、土地所有者に対して地代の賃料を支払わなければなりません。
土地所有者の側にとってみれば、土地を貸すことで利益をあげなければなりませんので、税金よりも高い地代を設定するのが普通です。
借り手としてはこの点に注意し、どのような物件が自分にとって適切な選択肢なのかを検討する必要があります。


借地権付物件のデメリットとして挙げられるのは、融資が付きにくいという点です。
多くの金融機関では借地権付物件に対する融資を行っていません。
確かに借地権付物件は相対的に安いとは言えますが、しかし簡単に手に入れられるような金額ではないこともまた事実です。
ある程度資産に余裕がなければ、融資を受けることも、借地権付物件に投資することも厳しいでしょう。

さらに、借地権の種類や物件の登記内容によっては、
借地権付物件に対して何か手を加えたり売却したりする場合に、必ず地主の承諾が必要となります。
自分の思い通りの物件管理がしにくければ、不動産賃貸投資の楽しみが一つ減ってしまうことになります。
借地権付物件に投資しようと考えている場合は、この観点からも一度よく考えてみましょう。


総合すると、借地権付物件では最初の取得費用は安く済むものの、その後にかかる諸費用は通常の所有物件よりも高くついてしまうと言えます。
また、融資を受けにくいため一定の資産がなければ手を出しにくく、しかも購入後は逐一土地所有者の承認が必要であるという煩雑さもあります。

しかし、取得費用は通常よりもかなり抑えられるため、物件の賃貸で確実に大きな収入が得られると見込める場合には、少ない費用で高い利益を上げられるでしょう。

それぞれ皆さんの考えにあった投資方法がございますので、ぜひ、お気軽にご相談ください。



ページトップへ