【コラム】東京五輪後、不動産価格は本当に下がるのか?

お客様から、
「2020年の東京オリンピック後は、本当に不動産が下がるのでしょうか?」
という質問をよくいただきます。


下の図は、レインズが毎月発表している東京都の中古マンションの単価をグラフにしたものです。
データは2010年5月から2017年7月発表までの数値を採用しました。

このグラフを見てわかるように、
マンションの単価は2012年9月を底に、現在までほぼ右肩上がりで上昇しています。
2011年の大震災の後、大きく値下がりした価格は、いわゆるアベノミクス効果を契機に値上がりし続けているのです。








また、東京五輪開催決定後は、特に湾岸エリアに立て続けにタワーマンションが建ちました。

そして2012年以降、相続税値上がり対策としての
タワーマンション節税と外国人によるタワーマンション買いが始まりました。
外国人がタワーマンションを購入したのは、「将来の値上がり益」を見込んだものです。
そこにはやはり、「2020年のオリンピックに向けてのマンションの値上がり」という思惑があったことになります。

以上から、都内のマンション価格が上昇したのは、
・アベノミクス効果
・タワーマンション節税
・外国人によるキャピタルゲイン狙いの買い
・そして、マイナス金利の導入による空前の低金利 ―の影響です。

「2020年のオリンピックに向けての上昇」だけが原因ではないのです。



【東京五輪後、不動産価格は本当に下がるのか?】

過去の東京オリンピックでは不動産価格に特段の変動は見られず、
2012年に開催されたロンドンオリンピックでは、開催後に上昇しました。
このふたつの事例を見る限り、オリンピックが原因で価格の上昇、下落はなかったものと思われます。
ただし、大きな下落ではないとしても、オリンピック後に一旦不動産の価格は下落すると思います。


○外人を中心とした、利益確定
中国をはじめとした外国人が日本の不動産を購入しているのは、
インカムゲイン目的というよりはキャピタルゲイン狙いです。
「東京オリンピックまでは不動産は上がるだろう」という思惑の元に購入しているため、オリンピック前後でいったん利益確定をしてくるはずです。
そのため、売り物件が増えて価格が下がることが考えられます。

景気も株も為替もそして不動産も、循環サイクルがあります。ずっと上がり続ける景気や相場はないのです。
そのきっかけとなるのが2020年の東京オリンピックかもしれません。
購入を検討されている方はチャンス到来といったところでしょうか?
ただし、融資が引き締まる可能性もあるので、ある程度の現金を貯めておくのも戦略として良いと思います。
来たるべきチャンスに向けて、用意をすることは重要だと思います。


TOKYO大家'Sでは、不動産投資の考え方、物件の選び方などの情報提供を
個別相談やセミナーを通じて行っております。
少しでも気になることがございましたらお気軽にお声掛けください。



ページトップへ