NEW!【コラム】『賃貸管理会社は大手か?地域密着か?』

賃貸経営をお考えの方にとって、賃貸物件の管理を誰に任せるか?というのは大きな
問題です。
なぜなら、賃貸管理会社選びがそのまま賃貸経営の成否に関わると言われるほど、
その役割が大きくなっているからです。
今回は賃貸管理会社を選ぶときのポイントについてお話しします。


賃貸物件の運営には、大小様々な業務があります。
入居者の募集から家賃の回収、建物維持管理、トラブル処理などざっと挙げてもこれだけあり、物件オーナー自らが全ての業務に対応するのはとても大変です。
別に本業があって、副業としてやれるほど、簡単ではありません。
そんな業務全般を物件オーナーに代わって引き受けてくれるのが、賃貸管理会社なのです。

管理会社といっても全国展開の大手管理会社と地域密着の中小管理会社など様々ですが、どちらに依頼するべきなのでしょうか。
大手管理会社と地域密着型それぞれを利用する際のメリットとデメリットについてまと
めます。

大手管理会社のメリットとして真っ先に挙げられるのは集客力の高さです。
Webサイト、TVCM、電車の中吊りポスターなどあらゆる手段で集客し、
空室リスクを抑えることが出来ます。
また、管理戸数が多い為、様々なトラブルに対する対処法も確立されており、質の高い
管理体制が整っています。
反対にデメリットとして考えられるのは、組織が大きいため細かい注文に対して事務的に対応されるために融通が利かず、ストレスを感じることがあります。
また、部署異動などで担当者の入れ替わりが多いのもマイナスと言えるでしょう。

地域密着型のメリットとしては、その地域の情報や事情に精通していることです。
地元ならではの特性や客層を熟知しており、大手ほどの集客力は無いとしても、
確実に入居者を確保する方法を心得ています。また入居時に面談をするなど大手ではやらないきめ細かいサービスもポイントです。

トラブルに対する対応も早く、オーナーとの距離感が近いことによる安心感が得られやすいと言えます。
デメリットは地域密着型であれば、どこの管理会社でも納得のいくサービスが受けられる
というわけではありません。
大手であればどこでも、ある程度の質のサービスは提供してくれますが、
地域密着型は社長や担当者の方針がサービスに色濃く反映されており、会社によって
特徴が異なり、サービスの質もピンキリで当たりはずれがあるのが実際のところです。
また、大手に比べて常に人手不足な会社が多く、手薄になり対応が疎かになるケースも
あるので、見極めが重要です。

結論としましては、すべての業務をお任せし、事務的に管理をしてもらえれば良いという方は大手管理会社。
管理会社と寄り添いながら賃貸経営をしていきたいという方は地域密着型がオススメです。
いずれにしても、大事なビジネスパートナーを選ぶ訳ですから、慎重に選んで頂きたいと
思います。

TOKYO大家‘Sでは専属の賃貸管理のプロがお客様にあった賃貸管理会社の紹介を行っております。
是非一度ご相談下さい。



ページトップへ