【コラム】2020年以降の不動産価格、建築費に変化はあるのか?

みなさん漠然と、2020年が何か一区切りのようなイメージをお持ちではないでしょうか。

しかし結論を言えば、それはただのイメージに過ぎず、特段根拠のないもの。
「バブル時代と同じ流れ」「オリンピック後が心配」など、
メディアでは騒いでいますが、
はたして本当にそうでしょうか?
不動産を生業としている人たちからすれば、
現状がそのような状態でないことは分かるはずです。

【東京オリンピック・パラリンピックの影響はあるのか?】

確かに、過去の五輪開催国における実績を調べると、
五輪前後で経済の上下、または不動産価格の上下はありました。

しかしこれを
「 経済の小さい国・新興国 」と「 経済に大きい国・先進国 」とに分けて調べると、
前者にはそうした上下の動きが見られますが、
後者にはほとんど動きはない、という結果があります。

前回の東京オリンピックでは、
日本は高度経済成長の真っただ中で、競技場や首都高などの道路、
新幹線などのインフラを猛烈に整備、
経済の高揚とその後の反動による落ち込みを経験しました。

しかし、
現在の日本はすでに経済先進国であり、成熟国です。
例えばロンドンオリンピックについては英国政府が
「 オリンピックが不動産市場に与えた影響は、なかった 」と
レポートを公表しています。

今回の東京オリンピックもおそらく、
その前後で経済動向に大きなうねりや、ましてや不動産市場に大きな動きはなく、
変化が起こるとしても、選手村ができる中央区晴海など一部に限られるでしょう。

では、
建築費はどうでしょうか?
続きは次回のコラムに記載したいと思います。



ページトップへ