【コラム】相続した不動産の名義

不動産を相続した場合、相続による名義変更登記は、必ずしも必要ではありません。
名義変更の登記をしていなくても、法律上の罰則もありません。
ただ、「何も問題がない」というわけではありません。

相続後に、名義変更せず放置してある不動産を売却をしたいとなった時には
相続人への名義変更登記の手続きを済ませていなければ次の新しい方に売却することはできません。

また、相続した不動産を売却する場合、相続人の名義に登記してからでないと
買主への名義変更登記をすることができません。

そして、不動産の名義を相続人へ変更するには、相続人全員の合意が必要となりますので、
相続人全員の協力が必要となるわけです。

相続人全員が合意をしない場合は、その不動産を売却等することができません。
誰も使用せずに空き家になっている家だとしても、固定資産税は支払い続けなければなりません。

相続した不動産の名義変更登記は法律上は必須ではありませんが、
相続人間でトラブル等があり相続人全員の合意を得られない場合、
不動産を処分できなくなってしまう可能性があります。

こういったトラブルがすでに発生してしまっている場合でも、
我々東京相続ドットコムでは親身になってアドバイスをさせていただきます。

是非一度ご相談くださいませ。



ページトップへ